Welcome Partir

出演された方、ご覧になった方、そして舞台を陰で支えたスタッフの声

令和元年5月26日(日)、横須賀芸術劇場大ホールにて開催された「樋口素子バレエスタジオ&バレエスタジオパルティール」合同発表会。皆さまからお寄せいただいた感動、感想の一部をお届けします。

出演生徒の保護者の方から…

保護者

発表会、とてもとても感動的でした。洋子先生もおっしゃっていらっしゃいましたが、他のお稽古の発表会と違い、まさに携わる方々全てで作るんですね。私自身、バレエ経験がなく、何も分からず右往左往でしたが、先生方の本当に熱心なご指導、精神面も含めた細やかなお気遣いや、母の会の方々の気配り、お姉さん生徒さん方の娘への対応のおかげで楽しく参加できました!
来年も絶対に発表会に出ますので、これからもよろしくお願いいたします。
競技や武道など他の習い事は、勝敗で成果を測りますが、バレエでは美を通しての感動を子どもから与えられ、それは何事にも変えられない一年に一度の楽しみだと思っております。
また係として親も関わることで、一緒に舞台を作る達成感も味わうことができます。

保護者

お客様から…

お客様

小さいお子さんも出番が多くてよかった。
幸せな時間をいただきました!

お客様

お客様

とても見応えのある舞台で素晴らしかった!堪能しました!
バレエ教室の全体のまとまりを感じ、いいお教室なのだなと思いました。先生に対しての敬意に一体感が生まれ、バレリーナさん同士の成長したいと感じているお互いの想いを力強く感じました。
うちの娘も、とても良いお教室なんだね!と感想をもらしておりました。

お客様

お客様

大人から子供まで各々が舞台上で役割を担っていて、とても楽しい舞台だった。
樋口先生が踊った曲は以前フルートで吹いたことがあって、「妖精の踊り」という邦題で覚えていて、私も心の中で歌いながら見てました。
また、ドン・キホーテも全編読んだことがあって面白しろかったので、興味深かったです。
ドルシネアの夢のシーンはほんと幻想的で素晴らしかったです。
いつも思うことですが、この日に向けて日々レッスンに励んでいる出演者の皆さんの努力を想像し、頭が下がると共に、大いに刺激を受けた日でした。

お客様

お客様

3〜4才児を、ここまで動かす振り付けをさせてすごい!教えるのも大変だし、それによく子供も答えてちゃんとやってる!

出演生徒から…

生徒

はっぴょうかい、ちょうちょはすごくたのしくなって、わらっちゃいました。
おおきいところ(劇場)は、ちょっとだけこわかった。
みんなとおどるのたのしかった。
おとこのひと こわくなかった。
らいねんも するーー
(幼児)
はじめての発表会で少しきんちょうしたけれど、とても楽しかったです。らい年は、もっとつま先をのばしてもっと上手におどりたいです。
(小学3年生)

生徒

生徒

今回の発表会で私自身はトウシューズでおどるむずかしさを感じながらも役になりきっておどることができました。また、チームワークの大切さも学びました。バレエの発表会やぶ台は1人で作り上げる物ではなく、先生方やぶ台にかんけいするスタッフの方々、お父様、お母様への感しゃの気持ちをわすれずにこれからもおどります!
(小学5年生)

お手伝いのスタッフから…

スタッフ

ほんとに変わらず頑張ってらっしゃる皆さんの姿にジーンとする想いで舞台袖から観させていただきました。
先生も変わらず舞台に立ち続け超人そのものです。
ふと、先生が幼少期に白鳥のハンカチ?を見て私もバレリーナに!というお話を思い出したりするのですが、一筋の想いが今に繋がってまたこの先も繋がっているのかと思うと、ほんとに素晴らしいの一言に尽きます。
陰ながらこれからも応援しております。