Welcome Partir

生徒の活動報告(一般クラス)

前々回の投稿、生徒の活動報告つながりで…☺️

一年前からタイミングを逃し続け書けていなかったことを、ご紹介します。
パルティール一般クラスの新村日和が、
昨年9月から今年3月まで、
イギリスのノーザンバレエスクールに留学しましました✈️??
(本来は2年間行くはずだったのですが、コロナを理由に、少々予定が狂いました。)
実は、私、れいこ先生が2010年1月〜3月の1termのみ留学したのと同じバレエ学校です?
日和さんが行くことになって、思い出が蘇り懐かしくなったり、日和さんから写真や報告が届くとまた懐かしくなりました☺️
まず、女校長先生は、れいこ先生のときと同じ人でした?とても厳しく、しかし生徒のことをよく見ている先生です。
そして留学早々に日和さんからは
「実は先週末にグレイ先生(副校長先生)から2年生にならないかと言われて、今週から2年生をやっています!」
と報告をもらいました?グレイ先生というのも、れいこ先生も週に2コマくらい習っていた先生でした?
ちなみに、急に2年生になれるのは、実力を認められた人です✨おめでとう✨
それではノーザンバレエスクールの今昔をご紹介します?
?2010年
?2020年
?2010年
上記3つ、おそらく全て同じスタジオです☺️一番広いスタジオは2つありました。
?2010年 ジャズのクラス後の自主練習
?2020年 バレエの自主練習
?2010年 確か2年生のクリエイションの授業の自主練習
上記3つも同じ形のスタジオです☺️
比べて見ると面白いですね?
。。。本来は2年間通いきって、定期的なパフォーマンスや、卒業パフォーマンスに出演してくるはずでしたが、コロナの影響で、この学校にはもう行かれなくなってしまいました?
しかし日和さんは、諦めることなく、別の方法で再びイギリスへ留学する道を選び、現在準備中です。✈️?
よく、こういった苦難があると、落ち込んで何もする気になれなくなる人もいると思いますが、私はとても頼もしく嬉しく思いました。
ところで
昨年、留学への送り出しを機に とある夏の日、同い年の生徒もう一人を含め、谷桃子バレエ団の公演を一緒に観に行った帰りにご飯を食べながら思い出話をしました。?
実はこの生徒二人は、パルティールに幼児クラスから在籍しており、児童クラス、Jr.クラス、一般クラスへと進み、現在19歳になりました。?→?‍♀️
?2012年発表会「パリの賑わい」より
児童クラスだったこの子たちを私が教えていたときの、印象的だったエピソード…
・少しおませさんだったHちゃんは、あるとき(小学校低学年のころ)、私のウエストを横から触って「ほっそ」?と言いました。

?2012年コミュニティプラザ出演楽屋

 

・あるとき(小学校中学年のころ)、いつもより疲れたのか、早くお稽古が終わると良いなと思っていたAちゃんは、次は終わりのご挨拶だ。。!と思ってキラキラ私を見ていたのが、まだ終わらないと分かった瞬間の表情の劇的な変化?→?がとっても面白かったです。
?児童Cクラス時代のクリスマス会の踊り より
二人とも「全然覚えてなーい」と言って爆笑していました。
人の長年の成長を見られるというのは、とても嬉しく、時に困難で、しかし幸せなことです。
本人たちも、成長期を経て、たくさんのことを感じながら悩みながら隠しながら克服しながら、ここまでバレエを続けてきてくれました。これからも、後輩たちの憧れ・先頭に立って、それぞれの道を歩んでいってほしいです☺️✨
読んでくださりありがとうございました。
もし良ければ過去の記事(卒業生のお話)こちらもご覧ください☺️

「今年の夏の出来事」2019年12月25日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です