Welcome Partir

2019年8〜12月コンクール報告

2019年コンクール報告、後編です?

今年の4月に、既に2つのコンクールのご報告をしましたが
その後も複数人がコンクールに出場し、健闘してまいりました✨
8月
パシフィック・インターナショナル・バレエ・コンペティションにて
パルティール児童Aクラスの山﨑あかりが
ジュニア Ⅰ 部門に出場しました。
外国人の先生方から規定の項目[容姿、技術力、表現力、プロポーション、芸術性、音楽性]について10段階評価で総合的に審査され、
審査員の英語のコメントが記載されたワークシートを頂きました。
また、コンクールと併せて開催されたワークショップにも参加してきました。✨
9月
プリンシパルコンペティションTVにて
パルティール児童Bクラスの工藤沙久が
児童①部門に出場し、エフォール賞を頂きました。
こちらのコンクールの様子は、2020年1月、テレビ神奈川にて放映されるそうです。
12月
YBC 横浜バレエコンクールにて
葉山スタジオ児童クラスの坂入きいな、志津野むすびが
コンクール小4・小5部門に
同児童クラスの石田凜夏がコンクール小6・中1部門に
葉山スタジオJr.クラスの三谷匠侑がコンクール中2・中3部門に
出場しました。
(最後の稽古場リハーサルより)
(↑女の子たちの衣裳製作:きくちみき)
さらに、同コンクールにて
葉山スタジオJr.クラスの髙木こころがコンクールシニア部門に出場し、第8位の成績を収めました。?
⌛️   ⌛️   ⌛️
コンクールに出場するという強い意思をもつことも、
練習中に直面する自分自身の弱さを受け止め努力することも、
それを指導する先生の頑張りも、
本番まで一生懸命にサポートするご家族の力も、
並大抵ではありません。
しかも今回、上記の生徒たちは皆、10月の金海sisters’ Ballet Project公演のリハーサルと並行して頑張っていました。なんとそのうち2名は、12月のくるみ割り人形のリハーサルと3つをこなす日もあったそうです??
がんばりましたね〜〜
⌛️
上記のコンクール指導を担当したのは、
金海怜香、金海汐美、
樋口素子、飯塚瑞月、そしてゲストの先生でした。
先生方もお疲れ様でした♪
生徒たちの出場を機に、私もコンクールを客席から観て学ぶ機会が増えました。審査員のお顔ぶれの中には、パルティール&葉山の先生たちが近年ご指導を受けた方や、一緒に共演した方もいらっしゃって、そのときにお話したことなどもすべて含めて感じ、考え、客席から学んでみました。
⌛️   ⌛️   ⌛️
だんだんとコンクールの種類も年齢層も増えてきて、私たちのスタジオからも小学生が出場するようになり、「本当に出場させて大丈夫かしら」と悩み考えながら挑戦しましたが、終わってみて、教師一同、挑戦してみて良かったなと思っています。
自身の弱点を懸命に直していくことは大変ですが、
本番の舞台で上記の全員が、諦めることなく最後までやり抜く力を見せてくれました。
また、咄嗟のときに自己流に足を運んでしまうのでなく、先生との練習の積み重ねが少しでも舞台上に表れていたことが、何より大きな前進一歩でした。?
⌛️
コンクール当日にはそれぞれたくさんのご家族が応援に駆けつけてくれて、皆がたくさんの人の応援の中でバレエを頑張れていることもよく分かりました。?
頑張った皆さん、先生方、お疲れ様でした♪
応援してくださった皆さんありがとうございました♪
これからも謙虚に邁進していきましょう!
Reiko. Kanaumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です